2017年09月25日

河合神社(かわいじんじゃ)

今回は京都市左京区にある河合神社です。
下鴨神社の摂末社で下鴨神社の境内にあり、女性に大人気の神社です。

P1140064.JPG

P1140008.JPG
河合神社の最寄り駅は京阪電鉄、叡山鉄道の出町柳駅です。

大阪方面からだと
淀屋橋駅⇒特急で約55分⇒出町柳駅

P1140009.JPG
叡山鉄道への乗り換えが近い7番出口から地上に出て、下鴨神社方面を目指します。

P_20160120_155650.jpg
京都市バスでは主要駅から
JR京都駅(4・205番)

京都市営地下鉄
京都駅(4・205番)

京阪
出町柳駅(4番)

阪急
河原町駅(205番) です。

205番系統はJR京都駅から下鴨神社金閣寺、西本願寺などを経由してJR京都駅に戻ってきます。

P1140040.JPG
鴨川デルタの中洲に河合神社(下鴨神社)はあります。

P1140012.JPG
下鴨神社を目指し
P1140013.JPG
一の鳥居を抜け
P1140017.JPG
下鴨神社の表参道に入ります。

P1140019.JPG
表参道に入るとすぐ左に
P1140032.JPG
瀬見の小川が流れているのでこの小川の橋を渡ります。

P1140034.JPG

P1140033.JPG
河合神社の入口に到着しました。

P1140035.JPG
河合神社の拝殿です。
ご祭神は女性の守護神である玉依姫命(たまよりひめ)が祀られています。

P1140036.JPG
ここの絵馬は珍しく柄鏡の形をしていて、絵馬に書いている顔を自分の顔に見立てて化粧品で描くんだそうです。
化粧品がなくてもクレヨンが用意されています。

美人祈願以外にも安産や縁結びなど女性の味方になってくれる神社ですね!

最後までご覧いただきありがとうございます!




<まとめ>
〇最寄り駅
京阪鴨東線 出町柳駅(KH42)
叡山鉄道 出町柳駅(E01)
⇒徒歩15分

〇拝観時間
6:30〜17:00

〇参拝日
2017年8月26日

〇拝観料
なし

〇巡礼
なし

〇駐車場
あり(下鴨神社の駐車場 普通車30分150円)


posted by いの at 10:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

叡福寺(えいふくじ)

今回は大阪府南河内郡太子町にある叡福寺です。
聖徳太子のお墓があることで知られています。

P1140066.JPG
叡福寺への最寄り駅は近鉄長野線の喜志駅です。

大阪方面からだと
大阪阿部野橋駅⇒準急で約25分⇒喜志駅

大阪阿部野橋からは河内長野方面行きと橿原神宮前方面行きの準急がありますが、河内長野行きの準急に乗ると乗り換えなしで喜志駅に行くことが出来ます。

P1140067.JPG
喜志駅からは上ノ太子駅まで走っている金剛バスに乗ります。
片道200円ですが、ICカードが使えません。

P1140116.JPG
近鉄南大阪線の上ノ太子駅からもバスが出ています。

大阪阿部野橋駅⇒準急で約30分⇒上ノ太子駅

こちらは大阪阿部野橋駅から橿原神宮前行きの準急に乗ります。

P1140077.JPG
叡福寺は『太子前』バス停の目の前にあります。
喜志駅からは一時間に2本、上ノ太子駅からは一時間に1本のバスが出ています。

P1140079.JPG
叡福寺の境内へはこの石段を登らなくてはなりません。
しかし石段も少なく、緩やかなので簡単に登ることが出来ます。

P1140081.JPG
石段を登った所にあるのが南大門です。

P1140082.JPG

P1140083.JPG
南大門の左右には立派な金剛力士像が安置されています。

P1140085.JPG
南大門をくぐり境内に入ります。
中央にある森のようになっている所が叡福寺北古墳です。

P1140087.JPG
先ほどの画像で左側に写っていたのが、叡福寺の金堂です。
如意輪観音を御本尊としています。

P1140090.JPG
金堂の向かいに多宝塔があります。
1652年に再建されました。

P1140093.JPG
境内の一番奥にある叡福寺北古墳の前にあるのが、二天門です。

P1140094.JPG
二天門の左右には持国天と
P1140095.JPG
増長天が安置されています。

P1140096.JPG
二天門をくぐると、叡福寺北古墳(聖徳太子御廟)に到着します。
現在は宮内庁の管轄となっています。

P1140097.JPG
ここには聖徳太子、太子の母・穴穂部間人皇女、太子の妃・膳部菩岐々美郎女が埋葬されています。叡福寺はこの北古墳を守護するために推古天皇により建てられたとされています。
その後1574年の織田信長の兵火で焼失しましたが、豊臣秀頼により再建されました。

P1140104.JPG
ちなみに叡福寺の近くにある飛び出し注意くんは聖徳太子になっています(笑)

聖徳太子の墓所があり、多くの巡礼の札所になっています。
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?


最後までご覧いただきありがとうございます!




<まとめ>
〇最寄駅
近鉄長野線 喜志駅(O17)
⇒バス10分

近鉄南大阪線 上ノ太子駅(F18)
⇒バス10分

〇拝観時間
9:00〜17:00

〇参拝日
2017年8月31日

〇拝観料
なし

〇巡礼
神仏霊場巡拝の道 第57番(大阪16番)
新西国三十三所巡礼 客番札所
聖徳太子霊跡 第6番
仏塔古寺十八尊 第2番
河内西国三十三箇所 第21番
河内飛鳥古社寺 第15番

〇駐車場
あり(無料)
posted by いの at 10:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

知恩寺(ちおんじ)

今回は京都市左京区にある知恩寺です。
この辺りの地名の百万遍とあわせて百万遍知恩寺や百万遍さんとも呼ばれます。

P1140064.JPG

P1140008.JPG
知恩寺の最寄り駅は京阪電鉄、叡山鉄道の出町柳駅です。

大阪方面からだと
淀屋橋駅⇒特急で約55分⇒出町柳駅

P1140063.JPG
出町柳駅の4番出口から地上に出てバス停のある今出川通りを鴨川とは反対の銀閣寺方面(山の方)に進みます。

P1140041.JPG
山の方に進むと、五山の送り火の大文字の『大』の文字が良く見えます。

P1140043.JPG
今出川通りを東に進み東大路通りとの交差点が
P1140044.JPG
百万遍の交差点です。
百万遍の交差点を渡りまっすぐ進みます。
この辺りに国内屈指の難関大学である京都大学があります。

P1140062.JPG
百万遍の交差点辺りからも知恩寺の御影堂の屋根が見えます。

P1140045.JPG
今出川通りの左側を歩いていると、知恩寺の南門に到着します。

P1140046.JPG
南門をくぐり境内に入ると正面に御影堂が見えます。

P1140049.JPG
知恩寺は浄土宗を開祖した法然上人のお弟子さんの源智上人によって1234年に建てられました。
法然上人の恩を知るということで、知恩寺という名前がつけられました。

P1140057.JPG
御影堂には阿弥陀如来を御本尊としており、現在の御影堂は1753年に再建されたものです。
御影堂の中は撮影禁止なので撮影できませんでしたが、1080顆の大念珠が掲げられています。
1331年に発生した大地震により疫病が流行したため、後醍醐天皇の勅命をうけ空円上人が七日間阿弥陀仏のお名前を唱え疫病は収まりました。
その後、後醍醐天皇より「百万遍」の勅号と540顆の念珠をいただき、「百萬遍大念珠繰り」が有名となりました。

P1140058.JPG
御影堂の前には百日紅の花が綺麗に咲いていました。


最後までご覧いただきありがとうございます!



<まとめ>
〇最寄駅
京阪鴨東線 出町柳駅(KH42)
叡山鉄道 出町柳駅(E01)
⇒徒歩15分

〇拝観時間
9:00〜16:00

〇参拝日
2017年8月26日

〇拝観料
なし

〇巡礼
法然上人二十五霊跡 第22番

〇駐車場
あり(普通車 60分300円)
posted by いの at 10:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

下鴨神社(しもがもじんじゃ)

今回は京都市左京区にある下鴨神社です。
正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)ですが、下鴨神社という名前がよく知られています。
京都市の北部にあり、世界文化遺産にも認定されています。

P1140064.JPG

P1140008.JPG
下鴨神社の最寄り駅は京阪電鉄、叡山鉄道の出町柳駅です。

大阪方面からだと
淀屋橋駅⇒特急で約55分⇒出町柳駅

P1140009.JPG
叡山鉄道への乗り換えが近い7番出口から地上に出て、鴨川方面に横断歩道を渡ると下鴨神社への案内が出ています。
また5番出口も鴨川の近くに出ることが出来ます。

P_20160120_155650.jpg
京都市バスで行くことも出来て主要駅からは

JR京都駅(4・205番)

京都市営地下鉄
京都駅(4・205番)

京阪
出町柳駅(4番)

阪急
河原町駅(205番) です。

205番系統はJR京都駅から下鴨神社、金閣寺、西本願寺などを経由してJR京都駅に帰ってきます。

P1140010.JPG
ちょうど出町柳駅辺りから鴨川は高野川との合流点になっていて、Y字のように川が流れています。
出町柳駅に近い川は高野川です。

P1140040.JPG
ちなみに鴨川の一筋南側に架かっている賀茂大橋から鴨川デルタを見るとこんな感じです。
下鴨神社は中央の森のようになっている所にあります。

P1140011.JPG
高野川に架かる河合橋から北山の方を見ると、五山の送り火『妙法』の法の字を見ることが出来ます。

P1140012.JPG
河合橋を渡ると、ここにも下鴨神社への案内が出ていますのでここを右に曲がります。
このあたりが鴨川と高野川に挟まれた中洲のようになっている所です。

P1140013.JPG

P1140014.JPG
しばらく歩くと下鴨神社の一の鳥居が見えてきます。

P1140015.JPG
一の鳥居の辺りに旧三井家下鴨別邸があります。
有料(大人410円)ですが、庭園や茶室(非公開)などを見ることが出来ます。

P1140017.JPG
下鴨神社の表参道に入りました。
ここから本殿までは約10分ぐらいです。

P1140018.JPG
表参道の入り口にユネスコ世界文化遺産に認定された時に建てられた石碑があります。
金閣寺東寺仁和寺龍安寺などと併せて古都京都の文化財として1994年に世界文化遺産に認定されました。

P1140019.JPG
糺の森(ただすのもり)に覆われた表参道に入ると少しヒンヤリした気分になります。
この日は蝉がよく鳴いていましたが、それさえ涼しく感じられます。

P1140021.JPG
表参道の木々を抜けると南口鳥居に到着します。

P1140022.JPG
この南口鳥居の近くに君が代に歌われているさざれ石があります。

P1140024.JPG
訪れた日の夜には盆踊りが行なわれました。

P1140025.JPG
下鴨神社の楼門です。
高さは30メートルあり、国の重要文化財に指定されています。

P1140026.JPG
楼門から左右に伸びている回廊の左側に2017年の干支である酉の絵馬が掛けられていました。

P1140027.JPG
楼門と本殿の間には舞殿があります。
舞殿も重要文化財に指定されています。

P1140029.JPG
舞殿のさらに奥に下鴨神社の御本殿があります。
御本殿は西殿と東殿の二つの本殿があり

 西殿には賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
 東殿には玉依媛命(たまよりひめのみこと)

が祀られて、いずれも国宝に指定されています。

賀茂建角身命は現在の京都をひらかれた神様で国家安泰、厄除け、交通安全の神様として、玉依媛命はこの地で結婚されお子様をお産みになったので、縁結び、子育ての神様として祀られています。
この中門から先、御本殿は撮影禁止となっています。

P1140030.JPG
御朱印は中門の右側にある受付所でいただくことが出来ます。

最後までご覧いただきありがとうございます!



<まとめ>
〇最寄り駅
京阪鴨東線 出町柳駅(KH42)
叡山鉄道 出町柳駅(E01)
⇒徒歩15分

〇拝観時間
6:00〜17:30

〇参拝日
2017年8月26日

〇拝観料
なし

〇巡礼
神仏霊場巡拝の道 第101番(京都21番)

〇駐車場
あり(普通車 30分150円)
posted by いの at 10:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。