2017年07月10日

金剛寺(こんごうじ)

今回は大阪府河内長野市にある金剛寺です。
関西には金剛寺という名前のお寺が奈良県五條市や京都府亀岡市にありますが、河内長野市の金剛寺は山号を天野山としていて、『女人高野』とも呼ばれます。

P1120907.JPG

P1120910.JPG
金剛寺の最寄駅は近鉄長野線と南海高野線の河内長野駅です。
二つの電鉄会社の名前が出ましたが、南海のすぐとなりに近鉄のホームがあり、改札は別々ですが駅舎は一つです。

大阪方面からだと
(近鉄)大阪阿部野橋駅⇒急行・準急で約40分⇒河内長野駅
(南海)難波駅⇒急行で約35分⇒河内長野駅

P1120804.JPG
河内長野駅からは南海バスが便利です。
河内長野駅の西出口にあるバスターミナルの4番乗り場から出ているバスで

『1番 光明池駅』
『2番 槇尾中学校前』『特2番 槇尾中学校前』
『4番 サイクルセンター』『特4番 天野山』

に乗って、天野山の停留所で下車してください。
ただし『5番 旭ヶ丘』のバスは天野山には行きません。
また、7番乗り場からもサイクルセンター経由滝畑ダム行きがありますが、こちらも天野山には向かいません。
運賃は片道310円で、ICカードが利用できます。

P1120806.JPG
ちなみに河内長野駅のバスターミナルの近くに金剛寺と観心寺の石碑が建っています。
神仏霊場巡拝の道の金剛寺の次の札所である観心寺も河内長野駅からバスが便利です。

P1120808.JPG
河内長野駅から約15分ぐらいで天野山の停留所に到着します。
すぐ近くに天野山金剛寺前の交差点があります。

P1120816.JPG
交差点の横断歩道を渡ると金剛寺の南大門に到着します。
大阪府の指定文化財となっていて、この門をくぐった所に駐車場があります。

P1120824.JPG
砂利の駐車場を過ぎると、楼門に到着します。
こちらは国指定の重要文化財になっていて、金剛寺の境内の入口となっています。

P1120825.JPG
金剛寺の境内は国の史跡に指定されています。

P1120829.JPG
楼門をくぐり右側に納経所があり、ここで拝観受付やお守りなどの販売を行なっています。
納経所の左隣に食堂(重文)があります。
鎌倉時代に建てられ、食事を行なったり研究などをする道場として使用されました。

P1120826.JPG

P1120828.JPG
この日は午前中に参拝しましたが、蓮の花が見事に咲いていました。
さらに開いていない蕾にシオカラトンボが止まっていました!

P1120830.JPG
食堂の隣に金堂(重文)があります。
納経所で拝観受付をした時の説明では、平成の大修理は終わりましたが中には何も入っていないので見ることが出来ないとの事でした。

P1120831.JPG
2010年頃から始まった大修理はもうすぐ終了し、柱なども鮮やかに甦りました!
金堂にあった大日如来坐像、不動明王坐像は京都国立博物館、隆三世明王坐像は奈良国立博物館へ移動し修復されています。

P1120832.JPG
金堂の向かいにあるのが多宝塔です。
こちらも囲いがされていたので、平成の大修理が行なわれていたようです。

P1120836.JPG
天野山金剛寺は729〜748年の間に創建されました。
かつて和歌山県にある高野山真言宗の総本山である金剛峯寺をはじめ、高野山は女人禁制でした。
同じ真言宗でも御室派の総本山である天野山金剛寺は女性でも参拝することが出来たので、『女人高野』と呼ばれるようになりました。

P1120837.JPG
いったん伽藍を出て石畳をさらに奥に進むと
P1120838.JPG
金剛寺の寺務所があり、庭園の入口の門があります。
寺務所で拝観料を払います。

P1120850.JPG
入口の門の所に綺麗に咲いているあじさいの鉢がありました!

P1120840.JPG
中に入ると杉苔の庭園を一望することが出来ます。

P1120848.JPG
中には鶴島や
P1120844.JPG
亀島を表している所もあり、綺麗な日本庭園を楽しむことが出来ます。

P1120853.JPG
庭園を出て、さらに奥に行くと南大門付近の駐車場とは別の駐車場があります。
こちらの方が多く停められます。
さらに総門があり、総門の近くに門前のバス停があります。

P1120854.JPG
門前のバス停は先ほどの天野山のバス停より、一つ手前(河内長野方面)のバス停で金剛寺を拝観している間にバス停一つ分ほど歩いていたようです。

P1120899.JPG
金剛寺の御朱印です。
『大悲殿』と書かれています。


最後までご覧いただきありがとうございます!




<まとめ>
〇最寄駅
近鉄長野線 河内長野駅(O23)
南海高野線 河内長野駅(NK69)
⇒バス約15分

〇拝観時間
9:00〜16:30

〇参拝日
2017年7月2日

〇拝観料
伽藍 大人200円、小・中学生100円
庭園 大人400円、中学生200円、小学生100円
※大人のみ伽藍と庭園の共通券あり(500円)

〇巡礼
神仏霊場巡拝の道 第55番(大阪14番)
新西国三十三所巡礼 第7番
河内飛鳥古社寺 第8番

〇駐車場
あり(普通車500円)


posted by いの at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。