2018年03月09日

西宮神社(にしのみやじんじゃ)

今回は兵庫県西宮市にある西宮神社をご紹介します。
国内に約3500社あるえびす神社の総本社で、『西宮えびす神社』や親しみを込めて『えべっさん』の愛称で知られています。

Point Blur_20180303_185340.jpg
西宮神社の最寄駅は、阪神電鉄の西宮駅です。

大阪(梅田)方面からだと
阪神梅田駅⇒特急・直通特急で約15分⇒西宮駅

神戸方面からだと
神戸三宮駅⇒特急・直通特急で約15分⇒西宮駅

DSC_0233.jpg
西宮駅のえびす口から南(国道43号線や阪神高速神戸線)方面を目指します。
訪れた日は1月10日で十日えびすだったので屋台がたくさん出ていましたが、戎参道から西宮神社を目指すとわかりやすいです。

DSCPDC_0003_BURST20180110134646656_COVER.jpg
国道43号線の一つ手前の角を右に曲がり、えべっさん筋を渡ると西宮神社の表大門(または赤門とも呼ばれています)に到着します。

DSCPDC_0003_BURST20180110134701837_COVER.jpg
表大門は桃山建築の遺構を残し、国の重要文化財に指定されています。
また毎年1月10日の午前6時にスタートする「福男選び」のスタート地点としても有名です。
ここから約230メートル離れた本殿まで走り、最初に到着した三名がその年の福男として表彰されます。

DSCPDC_0001_BURST20180110135056038_COVER.jpg
こちらが西宮神社の拝殿です。
拝殿の前が坂になっているので、福男選びではよく転んでいるランナーを見かけます(笑)

DSC_0223.jpg
拝殿から本殿まではスグです。
三連になっている本殿は、三連春日造り(または西宮造り)と呼ばれていて大変珍しい造りとなっています。
向かって右側から第一殿(えびす大神)、第二殿(天照大御神及び明治初年に大国主大神)、第三殿(須佐之男大神)をそれぞれ祀っています。

関西では大阪の今宮戎神社や京都の京都えびす神社が商売繁盛の神社として有名です。

DSC_0225.jpg
拝殿を入ってすぐ左側に十日えびす恒例の招福大まぐろが奉納されていました。
この年のマグロは沖縄産で重さは230kgもありました。
マグロにお金を貼り付けて商売繁盛を祈願します。

DSCPDC_0002_BURST20180110135740176_COVER.jpg
同じ所にはマグロの他にカニなども奉納されていましたが、十日えびすにちなんでビールもたくさん奉納されていました。

DSC_0228.jpg
十日えびすの日は順路が決まっているので、本殿からの帰り道にはたくさんの熊手や笹などが販売されていました。

DSC_0231.jpg
こちらが国道43号線(阪神高速神戸線)側の南門です。

最後までご覧いただきありがとうございます!




<まとめ>
〇阪神本線 西宮駅(HS17)
⇒徒歩約5分

〇参拝時間
5:00〜19:00(3〜9月)
5:00〜18:30(10〜2月)
※ただし祈祷の受付は9:00〜16:30

〇参拝日
2018年1月10日

〇拝観料
なし

〇巡礼
神仏霊場巡拝の道 第67番(兵庫2番)

〇駐車場
あり(無料)


posted by いの at 10:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。