2017年11月12日

東福寺(とうふくじ)

今回は京都でも有名な紅葉のお寺である、東福寺をご紹介します。
京都市東山区にあります。
九條道家が1236年に創健しましたが、奈良における最大の寺院である東大寺に比べ、また最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で、「東」と「福」の字を取り「東福寺」となりました。

P1140659.JPG
東福寺の最寄り駅は京阪本線・JR奈良線の東福寺駅です。

大阪方面からだと京阪本線で
淀屋橋駅⇒特急で約40分⇒丹波橋駅
丹波橋駅で準急・普通に乗り換え
丹波橋駅⇒準急・普通で約10分⇒東福寺駅

京都方面からだとJR奈良線で
京都駅⇒快速・普通で約3分⇒東福寺駅
もしくは京阪本線で
出町柳駅⇒準急・普通で約15分⇒東福寺駅
三条駅⇒準急・普通で約6分⇒東福寺駅

京阪とJRの駅がほぼ並んであるので出口などは同じところにあります。
京阪の東改札口から東福寺を目指します。

P1140634.JPG
途中、東福寺交番にある案内に沿って東福寺へ行く事が出来ます。
こちらからだと
P1140635.JPG
東福寺の北門をくぐって入るようになります。

P1140633.JPG
先ほどの東福寺交番を曲がらずに5分ぐらい歩くと、中門から境内に入ります。
しかし京阪電車沿いの道は狭く、車や人の通行量はとても多いです。

P1140632.JPG
天得院(てんとくいん)や芬陀院(ふんだいん)などの塔頭を通り、日下門から東福寺に入ります。

P1140628.JPG
日下門から入ると最初に見えるのが禅堂です。
1347年に再建されました。

P1140552.JPG
大きな屋根が特徴の禅堂は、毎週日曜坐禅会が行なわれています。
無料の坐禅会で、6:30から開催されます。

P1140547.JPG
禅堂の前に大きな建物が二つありますが、左側にあるのが東福寺の本堂です。
1881年に焼失し、1934年に17年の歳月をかけ完成しました。
横幅約41メートル、高さ約25メートルと大きなお堂の中に釈迦如来像などを安置しています。

天井に龍の絵が描かれており、本堂を覗き込みように見ると見えとても迫力があります。

P1140556.JPG
訪れた時は本堂の裏で清水焼や八ッ橋など京都のお土産を販売していました。

P1140558.JPG
東福寺の御朱印は本堂と方丈(三門と反対の方)の間にありますが、紅葉の季節は持ち込んだ御朱印帳への手書きは行なっておらず、書き置きの御朱印の授与になります。
この期間は秋限定になっている書き置きの御朱印をいただけます。

P1140544.JPG
本堂の前にあるのが三門です。

P1140545.JPG
横幅約25メートル、高さ約22メートルを誇る三門は特別拝観の時には登ることも出来ます。

P1140503.JPG
ちなみに前回紹介した東福寺の塔頭の光明院からも歩いてくることが出来ます。
光明院前の三叉路を左に進み、5分ほどで到着します。

P1140543.JPG
光明院からだと六波羅門から境内に入るようになり、先ほどの三門が目の前に見えます。

P1140559.JPG
本堂の近くに通天橋の拝観受付があります。
東福寺は通天橋・開山堂と本坊庭園は有料拝観エリアですが、先ほどの本堂や三門などは無料で見ることが出来ます。

P1140562.JPG

P1140566.JPG
拝観受付を過ぎると紅葉している木々の間を通っていきます。
この日は雨が降っていたのと、色づきはじめの頃に行ったのでわりと空いていました。

P1140564.JPG
雨のおかげで葉っぱに艶が出ていました。

P1140568.JPG
拝観順路は谷を下って、また登るような感じです。

P1140570.JPG


P1140584.JPG
番下の所から、通天橋のでっぱりの所を見ることが出来ますがこの日の参拝者まだまばらでした。

P1140577.JPG


P1140578.JPG
谷を登って行く所に、程よい高さの紅葉が撮影できました。

P1140589.JPG
登り切った所に愛染堂があります。
八角形をしている愛染堂は、もともと塔頭の万寿寺にありました。
ところが1934年の室戸台風で倒壊してしまい、現在の東福寺の境内に移築されました。

P1140600.JPG
いよいよ通天橋と言いたいところですが、その前に開山堂に向かいましょう。
常楽庵とも呼ばれ、1823年に建てられた比較的新しい建物です。

P1140607.JPG
普門院前の庭園がとても綺麗です!

P1140603.JPG
正面に見える二階建ての建物は伝衣閣とも呼ばれ京の五閣の一つとして数えられています。

※京の五閣


銀閣寺(慈照寺)の銀閣

西本願寺(本願寺)の飛雲閣

東福寺の伝衣閣(でんねかく)

芳春院(大徳寺の塔頭)の呑湖閣(どんこかく)

P1140610.JPG
さていよいよ通天橋です。
この日は雨が降っていて参拝客も少なかったですが、11月下旬の見頃の時は身動きがとれないほどだとか...
ちなみに、2017年は11月18日(土)〜26日(日)まではこの通天橋、臥雲橋の橋上からの撮影が禁止となります。

P1140616.JPG

P1140620.JPG

P1140623.JPG
11月8日に参拝し、また雨が降っていたので人も少なめで撮影できました。
見ごろの頃は赤く染まった紅葉の上を歩くような感じなんでしょう。
その頃にも訪れたいと思います。

11月の土・日・祝は駐車場の閉鎖、通行規制などがあるため、参拝は電車・バスなどを使われるほうがスムーズに巡れます。

最後までご覧いただきありがとうございます!




<まとめ>
〇最寄り駅
京阪本線 東福寺駅(KH36)
JR奈良線 東福寺駅(JR−D02)
⇒徒歩10分

〇拝観時間
9:00〜16:00(4月〜10月)
8:30〜16:00(11月、12月)
9:00〜15:30(12月〜3月)

〇参拝日
2017年11月8日

〇拝観料
なし
※通天橋・開山堂 大人400円、小・中学生300円
本坊庭園 大人400円、小・中学生300円

〇巡礼
なし

〇駐車場
あり(無料)
※11月の土・日・祝は駐車場閉鎖


posted by いの at 10:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。