2017年11月14日

東寺(とうじ)

今回は京都市南区にある東寺です。
日本一の高さを誇る五重塔や弘法市などで有名です。
「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれています。
また、古都京都の文化財として下鴨神社清水寺延暦寺などと並びユネスコの世界文化遺産に認定されています。

P_20171108_201746.jpg
東寺への最寄り駅は近鉄京都線の東寺駅です。
特急以外の電車が停まります。

大阪方面からは
JR大阪駅⇒新快速で約30分⇒京都駅
京都駅で近鉄京都線に乗り換え
京都駅⇒急行・普通で約2分⇒東寺駅

奈良方面からは
近鉄奈良駅⇒急行で約45分⇒東寺駅
直通で近鉄奈良駅から東寺駅に行く本数が少ないので
近鉄奈良駅⇒大阪難波行きや神戸三宮駅行きで大和西大寺駅にて京都行きの急行
に乗り換えることもできます。

P_20160120_155650.jpg
JR京都駅からは徒歩約15分で来れますが、京都市バスだと

16番系統「南区総合庁舎」「九条車庫」行きで
東寺西門前下車
(所要時間約6〜10分)

42番系統「JR桂川駅・阪急洛西口駅」行きで
東寺東門前下車
(所要時間約6分)

19番系統「中書島・横大路車庫」行きで
東寺南門前下車
(所要時間約8〜13分)

78番系統「久世工業団地」行きで
東寺南門前下車
(所要時間約8〜13分)

で東寺まで来ることが出来ます。

各停留所から東寺の境内まではすぐです。
※画像はイメージです。

P_20171108_180411.jpg
訪れた時は夜間特別拝観だったため、東側にある駐車場の横の門のみ開放されましたが昼間はどの門も開放されています。

P_20171108_180531.jpg
東寺東門前のバス停は東門の目の前にあります。

P1090893.JPG
こちらは南門(正式には南大門)です。
全景を撮影しようとすると九条通りを渡らないと撮影出来ません...
それぐらい大きい南大門は1895年に平安遷都1100年記念として三十三間堂の西門を移築したものです。

P_20161118_133050.jpg
南大門の近くには大きな鷺が住み着いているみたいです(笑)
境内の外や中にあるお堀の辺りにいるので、運が良ければ出会えるかも!?

P1090894.JPG
このあたりから境内の南東側にある五重塔を撮りました。

P1090895.JPG
南大門をくぐり最初に見えるのが金堂です。

P_20171108_185443.jpg
夜間拝観の金堂はこのような感じです。
金堂には薬師如来坐像(高さ約2.8メートル)を中央に、さらに坐像の台座に十二神将像がありこれが干支の始まりとされています。
薬師如来坐像の右隣に日光菩薩、左側に月光菩薩を安置しており、すべて重要文化財に指定されています。

東寺の創建は796年に桓武天皇により開基されましたが、一番最初に建設が始まったのがこの金堂で現在は国宝に指定されています。

P1090940.JPG
金堂より奥にあるのが講堂です。

P_20171108_184519.jpg
こちらは背面から撮影しました。
講堂は東寺の境内の中央に位置し、ご本尊は大日如来で国宝に指定されています。
その他、講堂には梵天・帝釈天像、四天王像などの国宝を安置していて講堂の中を周回出来るようになっています。

P1090928.JPG
東寺の主な見どころといえば、なんといっても国宝の五重塔です!

P_20171108_190346.jpg
高さ54.8メートルは国内の木造塔としては日本一の高さを誇ります。
(2位は奈良・興福寺の五重塔で50.8メートル)
新春やゴールデンウィーク、秋などに初層の内部特別公開を行なっています。

P_20161118_135738.jpg
東寺だけでなく京都を代表するシンボル的な存在の五重塔は826年に弘法大師により着工が始まりましが、弘法大師の没後に完成しました。

P_20171108_183811.jpg
その後、落雷や不審火などで焼失と再建を繰り返しながら、現在に至ります。
現在の塔は1644年に徳川家光の寄進により建てられた五代目です。
約370年前に建てられた塔が現在も見事な姿を見せてくれています。

P_20171108_191609.jpg
五重塔の前には池がありますが、水鏡のように五重塔が映ります。

P_20171108_195824.jpg
こちらは夜間拝観受付の辺りからお堀と五重塔を撮影しましたが、画面の真ん中やや左側に鷺がいるのは見えるでしょうか?
夜はここで羽根を休めていました。

P_20171108_194330.jpg
昼間の拝観は先ほど紹介した金堂、講堂、五重塔以外御影堂、食堂などは拝観料なしで拝観できます。
(夜桜・紅葉の夜間特別拝観の時期は東寺全体で拝観料が必要です)
上記の三堂塔は時期により金額が異なりますのでホームページなどで確認してください。
なお、御朱印は食堂で行なっています。

JR京都駅から近い所にあり、ユネスコの世界文化遺産に認定され国宝も数多くあります。
古都京都を代表するお寺にぜひ訪れてみてください♪

最後までご覧いただきありがとうございます!




<まとめ>
〇最寄り駅
近鉄京都線 東寺駅(B02)
⇒徒歩10分

〇拝観時間
8:00〜17:00
(16:30受付終了)
※夜桜・紅葉の夜間特別拝観あり

〇参拝日
2017年11月8日

〇拝観料
なし
※金堂・講堂・五重塔は大人500円、高校生400円、小・中学生300円
ただし時期により価格は変動します

〇巡礼
神仏霊場巡拝の道 第84番(京都4番)
京都十三仏霊場 第12番
洛陽三十三所観音霊場 第23番
都七福神(毘沙門天) など

〇駐車場
あり(普通車 2時間600円、以降1時間ごとに300円)


posted by いの at 10:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。